TOP >

バッカーノ!1931 特急編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫)


アマゾンで詳細を見る

カテゴリ/発売日
本/2003-09
アクション
(残り0枚)
レビュー
フィーロ 100 (2008-12-05)
アニメの本筋の舞台となった、1931年です。
舞台は前作と打って変わって、大陸横断鉄道フライング・プッシーフット号
登場人物たちは、泣き虫をリーダーにした不良集団
        殺人愛好家を筆頭とした白服
        黒服の幽霊達と、その仲間の寡黙な美女
        いつも通りのバカップル
        老いぼれ切れていない少年
        そして赤い怪物「線路の影をなぞるもの」
        無賃乗車の女
鈍行編で明かされなかった事実と、その後のお話、
別の角度から見た、事件の真相は?
バッカーノ1931急行編。かなり面白いです。

なみっくす 100 (2008-01-23)
BACCANO!の1931 特急編―The Grand Punk Railroad です。
この話は、アニメであった列車強盗の話です。
アイザックとミリアは、他の列車強盗を終えて、帰る時にたまたま見つけたこの列車でもう一稼ぎしようと乗り込む。
ジャグジーや、ラッド達も、この列車で稼ごうと。
で、その列車の中で事件が!!
レイルトレーサーと呼ばれる列車の幽霊が現れた!?
ジャグジー達は、レイルトレーサーからみんなを守る為に、ドニーや、ニースと、レイルトレーサーをやっつける決心をする。
一方、ラッド達は、あやしいオーケストラの中のヤツを殺していた!?
なにも知らない能天気なアイザックとミリア。
さぁこの列車にどんな事件が起こる?
結構グロテスクな場面もありますが、とても面白いですよ♪
読んでいて飽きません。オススメの本です♪


レビューを投稿する
ネタバレあり感想
ありません

感想を投稿する
2017-08-16 09:39:49